読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだけは押さえておきたい!働く人のココロのメンテナンス豆知識

コロコロと変わるココロの状態。ムカついたり、凹んだり、飛ばしすぎたり、、、手に負えない時、どうやって「ココロのエンジン」をメンテナンスしたらいいの?このBlogは、ココロが何なのか?を知って、ココロが傷まない人間関係つくりに役立つ記事を書いてきます。

拒絶の心の痛みは甘くない

「拒絶される」ことによる痛みを軽く見てると痛い目に合います。

 

心のダメージって、軽く見がち。

 

でも、精神的苦痛は、肉体的苦痛と同じものだと考えて。

 

好きな人にフラれたり、

仲間からハブにされたり、

自分の存在をバカにされたり、、、

 

「私はダメなんだ」

「必要ないんだ」

「愛されていないんだ」

 

自己否定の考えはその痛みの兆候。

 

本能的にインプットされているので、

 

自然に脳が危険サインを出します。

 

ブーーー!ブーーー!ブーーー!

 

火元を見つけて、即座に水をかける消化活動。

 

やりがちなのは、自分で自分の傷を広めないこと。

 

f:id:corocoro-cocoro:20170326015455j:plain

 

 

 

私は、中学生の頃、

 

同級生らから仲間外れにされて、自己否定に陥り、

 

人と接するのが恐怖で仕方ない時期がありました。

 

拒絶されて辛い想いをするくらいなら、

 

自分を守ろうとして、

 

自分から先に周りの人を拒絶しました。

 

 

そしたら、その通りになって、

 

「ほらみろ、皆は私を拒絶している。やはり私は拒絶するに値する人だ。」

 

どんどん泥沼にはまって、

 

人間不信は高まり、

 

周りに対して、攻撃的になっていきました。

 

 

んで、中学時代が終わった頃に、 確認してみたんです。

 

「私は、嫌われていたでしょ?」って。

 

特に、この人には拒絶されたと思う本人に向かって。

 

「えっ?!そんなこと全然なかったよ。もっと話せたりできたらな、と思ってたよ」

 

まあ、目からウロコが落ちまくりでしたわ!(◎_◎;)

 

自分の中で、勝手な思い込みで暴走するよりも、 聞いてみるのが一番いいです。

 

その一歩を踏み出すのが怖いんですけどね(⌒-⌒; )

 

ちょっとしたことから、確認してみること。

怒られることを楽しむコツ

おはようございます。

 

怒られる時、相手は何を話してたかを覚えてますか?

 

 

「相手は私を怒ってる」

 

そんな構図が印象強すぎて、

 

どんな内容を話してたか?

 

全く内容は入ってません(笑)

 

 

内容はわかんないけども、私は怒られた!

 

日々、そんな蓄積をしてたら、

 

もったいなーい!

 

 

相手が有難いアドバイスや、注意した方がいいこともたくさん話してるはずです。

 

相手のにらみを効かせた表情、

 

激しい感情、

 

否定する言葉、

 

関係を遮断するようなしぐさ、、、

 

 

そんな見た目をどう思うか?

 

表面にとらわれて、

 

「相手は私を否定してるんだ!」という考えでいっぱいになってたら、

 

話は全く聞けてません♪( ´▽`)

 

 

「おかげで、自分の未熟なとこに気づけた!」

「まだまだ、伸びしろがあるってことだ!」

「相手は率先して、怒り役をやってくれてるんだ!」

 

自分自身もそうですね。

 

イラッとした時、

 

はたして何にイラッとしたのか?

 

よーく突き詰めると、

 

たいしたことないもんです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

『私は、◯◯なんです』

 

こんにちは。

 

 

『私は、話すの下手だ』

 


『私は、人と付き合うのが苦手だ』

 

 

そう、、、

 


『私は、◯◯なんです』 

 


自分で自分のことを決めつけてしまう。

 


意外とやっちゃいますよね。

 

 


決めつけるからって、

 


別に悪いことではないんですけども・・・

 

 

 

ただ、もったいない〜!

 

 

f:id:corocoro-cocoro:20170321014106j:plain

 

 

何がもったいないか!?

 


『私は、◯◯なんです』

 


〇〇に否定語が入っていること。

 

 

〜できない!

 

〜苦手だ!

 

ダメだ!

 

 


人生は、今ここの積み重ね。

 

 

〜ない私、

 


そんな私にフォーカスを当てた人生。

 

 

 

『人付き合いが苦手』と言っても、

 

 

どこでそう判断したの!?

 

 

 

全世界70億人の人と付き合ってみた?

 

 

 

 

少し考えてみたら、

 

 

あなたの周りにたまたまいた

 

 

数人、いても数十人。

 


環境を変えてみたら、

 

 

自分のことを知らない人と出会えて、

 

 

付き合いが楽しくできた!

 

 

という人もいます。

 

 

 

それと、『完璧な人』と比べてしまってませんか?

 


もし、『この人は完璧だ!』と思う人を、

 


観察してみたら、

 

案外、大したことない。

 


不完全なところを持ってたり、

 

意外な一面を持っている。

 

 


「隣の芝生は青い」。

 

 

自分を一番知らないのは、自分自身。

 

今ここの積み重ねだから、

 


あなたが自由に選べるの。

 

 

あなたの人生、

 

どう生きるかは、

 

あなた次第。

 

 

 

断捨離

こんにちは。

 

断捨離しました!

 

実は、引っ越しをしたので、この機会にやってしまいました。

 

 

物置の中にドンと鎮座してるものを動かすのは、やはりエネルギーがいりますね(⌒-⌒; )

 

おかげで、

 

心が軽くなりました!

 

 

捨てるかどうするか、、、

 

迷ったら、

 

エイヤ!って思い切っていくこと。

 

 

そんな決断を踏むのが良いです。

 

新生活を始めるキッカケによいスタートを切っていきましょ!

 

 

友達は、〇〇な人。

こんにちは。

 

友達って、一緒にいて安心できる人だね。

 

 

でも、今の自分にそう思える人がいなくても大丈夫。

 

今のうちに、

 

一人で楽しめることをしちゃいましょ。

 

 

本読んだり、

 

公園散歩したり、

 

映画観たり、、、

 

 

そのうち、「それ何〜?」って、

 

気にかけてくれる人が来る。

 

 

無理に変わろうとしなくていい。

 

 

今は、ゆったりと楽しむのも大事。

 

 

 

 

 

 

 

「何もかも自分が悪い」と思う裏にある本音⑵

こんにちは。

 

「私が全部悪いんだ」

 

 

私は小学生の頃、

 

父が毎日遅くまで残業して、

 

体も精神もボロボロになり、

 

そんな父を兄は、

 

「稼げない父なんて、情けない!」って毎日罵り、

 

居場所がなくなった父を見て、

 

「男が仕事を失ったら、クズや」

 

この時、お互いをバカにしあい、

 

愛や尊敬などカケラのない家族。

 

 

そんな家族を作ったのは、、、

 

私だと思ってました。

 

「私がいけない。ダメだったから」

 

 

・・・・・そうなのねー。

 

バブル崩壊の頃で、会社の都合や社会全体が大変だったでしょ、

 

いや、私が悪い!

 

辞める選択肢も悪くなかったでしょ、

 

いや、支えられなかった私が悪いの!

 

まあー、月が欠けるのも私のせいだと思ってましたね(⌒-⌒; )

 

この身体の私👤が、

 

世界を支配しているんかいな?

 

 

そうやって、「私が悪いの」と思っておけば、

 

これ以上、誰も傷つかないし、傷つけない。

 

可哀想な自分を演じれば、

 

誰も責めてこない。

 

 

問題を解決しなくても大丈夫。

 

逆に解決しない方が、

 

可哀想な自分でいられるポジションを掴んでられる。

 

 

「私が悪いの」

 

そんな自分を演じてるだけなんだー!ってことに気づき、

 

役割を降りましょう。

 

自分が勝手に選んでただけ。

 

 

数ある役割の中で、

 

何で選んじゃったのか?

 

何もしなくていいですからね。

 

一番、楽な役割なんです。

 

卒業したかったらしたらいいし、

 

そのままが心地よかったら、続けるのもいいですね。

 

 

 「何もかも自分が悪い」と思う裏にある本音①

こんにちは。

 

 

人間関係や仕事の中で何か問題が起こった時、

 

「全部自分が悪い」

 

そうやって、自分のことを責めがちな性格のことを『自罰型』って呼んだりしますね。

 

(※反対に相手のことを責めがちな性格が他罰型。)

 


「私が未熟だから、トラブルを起こしてしまうんだ」


「トラブル起こしたり、周に迷惑をかける」=「私が悪い」

 

 

f:id:corocoro-cocoro:20170309013633j:plain

 

 

一見、周りに責任転嫁せず、

 

自らの中に原因を求めているっぽく

 

見えるから、謙虚かもしれません。

 

 

生きていればどうしたって、

 

個人の力では、

 

どうしようもできない問題がふりかかってきますね。

 


そんな時、

 

人との協力を得たり、

 

チームプレイで解決していかないと

 

どうしようもないことばかり。

 


それなのに、、、

 

 


「私が全部悪いんだ」

 

 


つまり、

 

 

 

ひっくり返してみたら、

 

 

実はこんな思いが隠れています。

 

 

f:id:corocoro-cocoro:20170309014015j:plain

 

 

それは、、、、