読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隣の芝生が青いのは

隣の芝生は青い、

 

英語の諺ですが、

 

要は、 近くに見えるものは悪いところがよく見えて、

 

遠くに見えるものはキレイに見えちゃうもんです。

f:id:corocoro-cocoro:20170225120015j:plain

 

夜に眺めるお月さんがキレイだね、って言いますが、

 

降り立ってみれば、生命が生存できないゴツゴツした岩しかない星です。

 

お月さんから見る地球は青く美しく見えます。

 

外から中を見れば、キレイに見えて、

 

中から中を見れば、大したことない、

 

そう見えちゃうんです。

 

 

認識の違いで、 世界は大きく違って見えます。

 

そして、隣の芝生はキレイに見えても、 見えないところでキレイに保つためにスンゴイ努力してたり、実は汚いところは隠してたり、、、

 

f:id:corocoro-cocoro:20170225120200j:plain

 

遠いと脳の認識の癖で「部分だけ」とっちゃうもんです。

 

認識の違いがあることに気づくこと、

 

見えてなかったところを見ようとすることで、

 

違った世界が展開されていくもんです。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村