読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もかも自分が悪い」と思う裏にある本音⑵

こんにちは。

 

「私が全部悪いんだ」

 

 

私は小学生の頃、

 

父が毎日遅くまで残業して、

 

体も精神もボロボロになり、

 

そんな父を兄は、

 

「稼げない父なんて、情けない!」って毎日罵り、

 

居場所がなくなった父を見て、

 

「男が仕事を失ったら、クズや」

 

この時、お互いをバカにしあい、

 

愛や尊敬などカケラのない家族。

 

 

そんな家族を作ったのは、、、

 

私だと思ってました。

 

「私がいけない。ダメだったから」

 

 

・・・・・そうなのねー。

 

バブル崩壊の頃で、会社の都合や社会全体が大変だったでしょ、

 

いや、私が悪い!

 

辞める選択肢も悪くなかったでしょ、

 

いや、支えられなかった私が悪いの!

 

まあー、月が欠けるのも私のせいだと思ってましたね(⌒-⌒; )

 

この身体の私👤が、

 

世界を支配しているんかいな?

 

 

そうやって、「私が悪いの」と思っておけば、

 

これ以上、誰も傷つかないし、傷つけない。

 

可哀想な自分を演じれば、

 

誰も責めてこない。

 

 

問題を解決しなくても大丈夫。

 

逆に解決しない方が、

 

可哀想な自分でいられるポジションを掴んでられる。

 

 

「私が悪いの」

 

そんな自分を演じてるだけなんだー!ってことに気づき、

 

役割を降りましょう。

 

自分が勝手に選んでただけ。

 

 

数ある役割の中で、

 

何で選んじゃったのか?

 

何もしなくていいですからね。

 

一番、楽な役割なんです。

 

卒業したかったらしたらいいし、

 

そのままが心地よかったら、続けるのもいいですね。