読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだけは押さえておきたい!働く人のココロのメンテナンス豆知識

コロコロと変わるココロの状態。ムカついたり、凹んだり、飛ばしすぎたり、、、手に負えない時、どうやって「ココロのエンジン」をメンテナンスしたらいいの?このBlogは、ココロが何なのか?を知って、ココロが傷まない人間関係つくりに役立つ記事を書いてきます。

拒絶の心の痛みは甘くない

「拒絶される」ことによる痛みを軽く見てると痛い目に合います。

 

心のダメージって、軽く見がち。

 

でも、精神的苦痛は、肉体的苦痛と同じものだと考えて。

 

好きな人にフラれたり、

仲間からハブにされたり、

自分の存在をバカにされたり、、、

 

「私はダメなんだ」

「必要ないんだ」

「愛されていないんだ」

 

自己否定の考えはその痛みの兆候。

 

本能的にインプットされているので、

 

自然に脳が危険サインを出します。

 

ブーーー!ブーーー!ブーーー!

 

火元を見つけて、即座に水をかける消化活動。

 

やりがちなのは、自分で自分の傷を広めないこと。

 

f:id:corocoro-cocoro:20170326015455j:plain

 

 

 

私は、中学生の頃、

 

同級生らから仲間外れにされて、自己否定に陥り、

 

人と接するのが恐怖で仕方ない時期がありました。

 

拒絶されて辛い想いをするくらいなら、

 

自分を守ろうとして、

 

自分から先に周りの人を拒絶しました。

 

 

そしたら、その通りになって、

 

「ほらみろ、皆は私を拒絶している。やはり私は拒絶するに値する人だ。」

 

どんどん泥沼にはまって、

 

人間不信は高まり、

 

周りに対して、攻撃的になっていきました。

 

 

んで、中学時代が終わった頃に、 確認してみたんです。

 

「私は、嫌われていたでしょ?」って。

 

特に、この人には拒絶されたと思う本人に向かって。

 

「えっ?!そんなこと全然なかったよ。もっと話せたりできたらな、と思ってたよ」

 

まあ、目からウロコが落ちまくりでしたわ!(◎_◎;)

 

自分の中で、勝手な思い込みで暴走するよりも、 聞いてみるのが一番いいです。

 

その一歩を踏み出すのが怖いんですけどね(⌒-⌒; )

 

ちょっとしたことから、確認してみること。