読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだけは押さえておきたい!働く人のココロのメンテナンス豆知識

コロコロと変わるココロの状態。ムカついたり、凹んだり、飛ばしすぎたり、、、手に負えない時、どうやって「ココロのエンジン」をメンテナンスしたらいいの?このBlogは、ココロが何なのか?を知って、ココロが傷まない人間関係つくりに役立つ記事を書いてきます。

「できない自分」から「できる自分」になることが変化?

こんにちは。

 

 

ここ数年つけている日記をみてて、

 

何年か前に書いていたことを発見したんだけど、

 

 

「ある会議で発言できた私、スゴい!」。

 

その時は、「アウトプットできない自分」ことが問題だと思っていたから、

 

「アウトプットできる自分!になった」って喜んでた。

 

 

「できない自分」から「できる自分」になることが、

 

「自分」という枠を超える限界突破だと思ってた。

 

 

 

けども、、、、

 

ココロのエンジンの気づきが深くなってくると、

 

新たに気づいたことがあって。

 

 

「できた!」の裏にある「できない!」。

 

これは表裏一体。

 

 

磁石のS・Nみたいに、

 

一方が大きくなるほど、

 

逆の反発も働く。

 

 

変化って、

 

「できない」「できる!」に変えることと思うけど、、

 

これは、果てしない無限ループ。

 

 

 

「ダメだ~!」「できた!」「でも、私ってダメじゃん!」「できた!」「でも、でも、、、私ってダメじゃん!」「できた!」「でも、でも、でも、、私ってダメじゃん」・・・・

 

 

いくら➕に向けて頑張っても、頑張っても、、、

 

結論は、

 

➖の「私ってダメじゃん!」。

 

 

鎖に繋がれた犬のように、

 

どんな方角へ行こうとしても、

 

鎖の長さ以上は伸びないように。

 

f:id:corocoro-cocoro:20170515220703g:plain

 

 

結論は、

 

➖「私ってダメじゃん!」。

 

 

 

結論を決めている。

 

 

 

 

しかも、無意識になっているから、

 

なかなかわかんないだけど。

 

 

ついつい、頑張ってしまう人ほど、

 

やってしまいがち。

 

 

ここまで頑張ったことは、徒労やったの!?と思っちゃうかもだけど、

 

この➖の「私、ダメじゃん!」という自己否定を手放すためには、

 

➕に「○○ができる自分!」を手放すこと。

 

 

 

➕をポイっと手放すこと。

 

 

 

実は、➖だと思っていたことは➖ではない。